全記事一覧     男性芸能人の一覧     女性芸能人の一覧     

『ホンマでっか!?TV』今すぐ出来る能力UPの情報2010.5.24

2010.5.24放送「ホンマでっか!?TV」今すぐ出来る能力UPの情報です。

オーストラリア ビクトリア大学の情報
家事を多くする男性は長生き!?
(環境・武田先生)
男性に二日間自由を与え、行動と健康状態を調査
多くの男性の行動⇒寝転がる・飲酒・喫煙
ダラダラ派⇒体調が悪化 家事をする派⇒健康で長生き

(科学・池田先生)
家事はスポーツと違い、毎日様々な筋肉を使うため体に良い
人間は元々狩猟を行う際、色々な筋肉を使っていた
現代で狩猟の代わりとなる一番近い作業が家事

1.認知症には家事療法が良い!?
(脳科学・澤口先生)
認知症とは⇒脳の働きが悪化し物忘れ等認知機能が低下する状態
2004年に家事療法が認知症の改善に最も良いと発表された
男女共に良いのだが、特に男性の認知症患者には家事療法が良い
家事をする事で認知症の進行が非常にゆるやかになる。
欧米では、この発表は大騒ぎとなったのだが、日本では大騒ぎにならなかった。

(環境・武田先生)
料理をする時に焦げてないか、洗濯する時にちゃんと汚れが落ちてるかなど
家事のように相手の反応を見て行う作業は脳に良い影響を与える

2.認知症には生け花も良い!?
(脳科学・澤口先生)
完成像を考えながら手先を使うので脳に良い

3.作った物を人から評価されると脳に良い!?
(医療・おおたわ先生)
3次元の物を作る事は脳に良い 生け花や料理など
作った物を人から評価される事が脳により良い効果を与える。

4.皿洗いで集中力が高まる!?
(スポーツ心理学・児玉先生)
皿洗いを10分程すると頭がさえて、翌日良いパフォーマンスが出来る。
児玉先生の体験談的なもの?で実験結果などは出てないらしい。

5.「歳だから物忘れする」の一言で物忘れが進む!?
(環境・武田先生)
「物忘れする」という発言によって、自分の脳が物忘れしやすくなってしまう。
そういう事を言ってはいけませんよ。と実際指導しているらしい。

6.中高齢者はインターネットで脳が活性化する!?
(脳科学・澤口先生)
中高齢者に限った事で、中高齢者がインターネットで検索すると脳が活性化する。

7.思い込みで健康状態は変わる!?
(経済・門倉先生)
プラシーボ効果と呼ばれているもので
人間の体調は、自己暗示によって悪化したり良くなったりする。

(環境・武田先生)
生活も変化するため必要でない物は忘れるように脳は出来ている

8.中高齢者は知識の活用で若者に勝てる!?
(脳科学・澤口先生)
企業のトップは記憶力・計算力のテスト結果が若者に比べて悪い
なぜトップにいられるかと言うと、記憶と経験を活用する能力が高いから
この能力は、「結晶性知能」と言われている。
知識と経験を活用する能力は若い人には無理、年齢と共に使えるようになっていく
高齢者は、新しい知識と経験を常に吸収し活用することが重要
活用しないと単なる博学(物知り)で終わってしまい、結晶性知能が育たない。

(科学・池田先生)
天才の定義=頭が壊れている人
脳のある部分が壊れると別の部分が発達し凄い能力を発揮する

9.後ろ歩きで骨盤のズレがなくなる!?
(経済・門倉先生)
日常生活の動作が右か左かにかたよると骨盤がズレて姿勢が悪くなる
それを予防するには、日常的に後ろ歩きをすると良い。

10.貧乏ゆすりは体に良い!?
(科学・池田先生)
貧乏ゆすりが冷えの解消に繋がるという報告もある

11.寿命を14歳延ばす方法がある!?
(脳科学・澤口先生)
その方法とは⇒@歩く A野菜をとる B喫煙しない C適量の酒

12.遺伝子を調べれば適切な酒量が分かる!?
(脳科学・澤口先生)
病院は限られるが、遺伝子を調べてもらえば適切な量を調べてもらえる。

13.畳に座るだけで集中力が増す!?
(脳科学・澤口先生)
日本風の家屋に住んだほうが体に良いというのは証明されている。
畳の材料である「いぐさ」には体に良い成分が2つある。
「バニリン」バニラの成分の大元になっているものと「フィトンチッド」の2つ
畳の上で学習すると、その成分が働き約20&成績がアップした
このデータが小学校2年生〜6年生で取られたものなので
なるべく畳の部屋を用意して、そこで勉強させると学力アップになる
【PR】


【スポンサード リンク】